Oshimoa

ぬい服はやっぱり量産型が可愛い♡自作するときのコツってある?

お気に入りのぬいにも、量産型のぬい服を着せて楽しみたい方のために、この記事では量産型ぬい服をハンドメイドする時におすすめなアイテムやコツを紹介します♡

更新:2024.02.18公開日:2024.02.10

\ オタクが選ぶ推し活収納アイテム!【PR】 /

商品画像
ショップ名 CRAFT KYOTO BADRAY OKEYA dinos Semi-Style
ポイント
  • 万能なマルチケースで、装飾にも収納にも活躍!
  • 自由にレイアウトできるから自分だけの見せる収納が簡単にできる!
  • 組み立て不要!
  • 韓国インテリアの新定番なマントルピース!
  • 全透明だから場所を選ばず使いやすい!
  • 形もシンプルでちょうど良い大きさだから、見せる収納の必須アイテム!
  • 推し祭壇にもなるキャスター付きの収納ワゴン!
  • 動画視聴や飲み物を置く台としてもちょうど良い高さの設計!
  • UVカットクリアカバーだから推しを紫外線から守れる!
  • マグネット式のスチールパネルだからレイアウト自由自在!
  • 取り付けもホッチキスで簡単!賃貸でもOK!
リンク
カラー展開 8色 ホワイト - 3色 12色
サイズ 18.5×3.5× 26.5cm 90×80×20cm 36×22.5×37cm 約幅30cm×奥行24cm×高さ68.5cm 長辺 約35cm×短辺 約26cm×奥行 約5.5cm

量産型コーデのぬい服作りで意識するべきことって?

出典:@koyuki_olos

推し活の中でも、特に人気なぬい活。ぬい活とは、推しのぬいぐるみと一緒に出かけて、カフェのスイーツと並べて写真を撮ったりして楽しむというもの。ぬいぐるみになった可愛い推しと一緒に推し活を楽しめるところが人気の理由です。また、ぬい服と呼ばれるぬい用の洋服を着せて、推しのぬいを可愛くおしゃれにできるところも理由の1つ。

せっかく推しに服を着せて楽しむなら、量産型のコーデを組んで可愛く仕立てたいですよね。推しのぬいにレースやリボンのついた服を着せると、普段着の時とはまた違った雰囲気の可愛い写真を撮ることができます。この記事では、量産型のぬい服の作り方で悩んだときに参考にして欲しいおすすめコツやアイテムをご紹介します♡

量産型のぬい服を作る時のマストアイテム♡リボンの作り方のコツ

出典:@ama_to_nui

量産型といえば、大きなリボンの装飾をイメージする方も多いのではないでしょうか。量産型コーデは、ビジューのついたリボンを付けるだけで、簡単に雰囲気を出すことが出来ちゃうんです♪量産型ぬい服に欠かせないアイテムなので、1つは持っておいて損はありません。

このリボンですが、100均のアイテムだけで簡単に作ることが出来るので、量産型のぬい服にチャレンジしてみたい方はぜひ作ってみてください。針と糸を使わないので、裁縫が苦手な方でも気軽に挑戦することができます♡ぬい服に必要な量産型リボンの作り方のコツを紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

重ねリボンの色を同系色でまとめる

出典:@hmr_178o0

量産型のリボンは、重ねるとより可愛く仕上げることができます。推しカラーが青の場合は水色、赤の場合はピンクというように同系色でまとめると統一感が出て可愛いです♡同系色のカラー2色に、白色やオーガンジーを追加するとさらにゴージャスな仕上がりになります。

ただ、黒色の重ねリボンを作る時は、仕上がりのイメージで配色を決めましょう。ガーリーにしたいのであれば、ピンクを合わせるのがおすすめです♡反対に、シックな雰囲気にしたいのであれば、黒やグレーのオーガンジーやレースのリボンを重ねるとおしゃれな重ねリボンを作ることができます♡

リボンの縁をラインストーンでデコる

出典:DAISO

量産型といえば、やっぱりキラキラのストーンは欠かせません。リボンの結び目の部分に付けるビジューと合わせて、キラキラしたストーンシールでデコるとさらに可愛い仕上がりになります。ストーンシールは100均で簡単にゲットすることができます。リボンを結んだときに垂れている部分の先端にストーンシールを貼るのがおすすめ。華やかになるので、写真映えも間違いなしです♪

おすすめはシルバーのストーンシールですが、赤や青など推しカラーに合わせてもOKです。接着力が心配な方は、ネイルシールを使っても良いかもしれません。シールが余っても、硬質ケースなど他のアイテムのデコレーションにも使えるので、ストーンシールを1枚持っておくと便利です♪

手作り量産型ぬい服の生地に迷ったらコレ!フワモコ素材で可愛さUP♡

出典:@o___m_xoxo

量産型コーデのぬい服をハンドメイドするなら大切なのが生地選び。量産型といえばレースやフリルが使われているイメージですよね。ですが、レースやフリル生地でぬい服を手作りするのは、初心者には難しいと思われる方も多いはず。そこでおすすめなのが、初心者でも簡単に作れる、ふわふわした生地です。

ふわふわやモコモコの生地とリボンがあれば、簡単に量産型っぽいぬい服を作ることが出来ちゃうんです。また、うさ耳やくま耳などがついているぬい服の型紙を選べば、さらに量産型っぽさがアップして可愛いです♡量産型ぬい服を作るときにおすすめの生地アイテムを紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

DAISO はぎれ(スクロールボア)

出典:DAISO

フワモコ素材でおすすめなのが、DAISOに取り扱いのあるはぎれです。サイズは50cm×55cmと大きめ。もし足りない場合に備えて、何枚か買っておくことをおすすめします。おすすめカラーは白やピンクですが、くま耳のぬい服を作る場合はブラウンでも可愛く仕上がりそうです♡

100円でゲットできるので、失敗しても気軽に買い足せるところがおすすめポイントです。DAISOで販売されているので、どこでも簡単に購入できるのも嬉しいですよね。初めてぬい服の量産型コーデにチャレンジしたい方には、ぜひ使ってももらいたいおすすめ生地となっています♪

量産型ぬい服コーデで推しをさらに可愛くして、一緒にお出かけを楽しもう♡

出典:@hmr_178o0

オタクの間でも定番ファッションとなっている量産型コーデ。推しのぬいと出かけるなら、ぬいも量産型コーデでお出かけを楽しみたいですよね。今回は、ぬい服の量産型コーデを手作りする時に抑えておきたいコツや、初心者でも気軽にチャレンジできるおすすめアイテムをご紹介しました。

自分に量産型の服は似合わないかもと思われている方も、ぬい服に量産型コーデをさせて楽しむのもアリかもしれませんね♪この記事を参考にして、量産型ぬい服を着て可愛さがアップしたぬいとのお出かけを楽しんでくれると嬉しいです♡

ページトップへ